かけこみリタイヤ―のダイヤリー

陰キャで隠居!58歳10か月でアーリー?リタイヤしました。

株主優待の廃止に思うこと

https://news.yahoo.co.jp/articles/7858764af112a4e47723c37294291d87e8a3a3c3
なんかタイトルは違うんじゃないかなあと。記事の最後に市場再編で上場維持基準の株主数が変わったせいじゃないか、と書いてありますね。こちらの影響が主な原因だと思いましたよ。
では上場維持基準のうち株主数はどのようになっていたのか。

再編前 再編後  
東証第一部 2,200人 プライム 800人
東証第二部 2,200人 スタンダード 400人*
JASDAQ 2,200人 グロース 150人
廃止基準 400人

※スタンダードは経過措置で150人。満たさない状態が一年続くと上場廃止となります。
https://www.jpx.co.jp/equities/listing/continue/details/01.html#:~:text=%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E7%B6%AD%E6%8C%81%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E6%95%B0&text=%E7%B5%8C%E9%81%8E%E6%8E%AA%E7%BD%AE%E3%82%92%E9%81%A9%E7%94%A8%E3%81%97,150%E4%BA%BA%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
再編前データは見当たらなかったので、↓こちらの解説記事を参考にさせていただきました。https://www.bridge-salon.jp/toushi/restrucion-market/
プライムですら再編前廃止基準の2倍、スタンダードやグロースに至っては再編前廃止基準の半分以下ですよ。
保有株式数上位に名を連ねるカストディアン(受託信託銀行)を一人とカウントすることも考慮して減らしたのでしょうか。
インデックス投資家の持ち分は、発行会社に対しては運用会社が議決権行使をします。とすれば、名義人となっている受託信託銀行は多人数の集合体であるから考慮する必要はあるかと思いますが、個別株主とは別の判定基準を並列させるべきだと思います。

ちょっと脱線すると、運用会社からインデックス投資家へ約款であらかじめ提示されている議決権行使原則に基づいて議決権行使をしますが、SDGsや女性取締役の数などを掲げていますが、70歳以上の取締役は否決、も取り入れてほしいですね。
というのも**チンや豊臣秀吉みたいに、老境を迎えても権力を握って手放さないヤツは、判断力が鈍るのか未来に責任を持たなくなるのか死期が迫っているから焦るのか、己の野望に多数の人間を巻き添えにする。これは社会の不幸です。早めに排除してほしいと思うからです。
戻ります。

インデックス界隈の一部でも株主優待は評判がよろしくない。個別株主にだけ利益享受させるのはやめて、配当や含み益による株価の値上がりという形で平等に報いるべきでしょう、という誠にもっともな話ですね。株主優待好きなんですけどね。
廃止の流れはしょうがないかな、と思いますが、自社製品を配ったり、自社のサービスを提供したりする株主優待は、その製品やサービスの宣伝になってファンを増やしてひいては売上増が見込めますし、一年以上保有を要件にすれば、やたら含み益を吐き出させようとするハゲタカ機関投資家の防波堤になる、長期安定株主を確保できるから会社の利益にもなると思うのですがね。
まあ、ハゲタカファンドが狙うのは、預金比率が高すぎるとか、財務利益が大きいのに本業がしょぼいとか、脇が甘かったり経営態度がぬるかったりする会社なので、それはそれで大事な役割だとは思います。