かけこみリタイヤ―のダイヤリー

陰キャで隠居!58歳10か月でアーリー?リタイヤしました。

運動不足対策 日常動作に運動を組み込む

養老猛司さんのyoutubeをよく見ます。
【養老孟司】みなさんのご家庭に、あたり前にあるアレを利用するがどうかで健康寿命が大きく左右します。無理に体は動かさず”日常の必然の中”で動かしましょう。 - YouTube
最近感銘を受けたのがこれ。
「女性は家事で動きますんで、手先から身体から絶えず動かしてなければならないので」
寿命が縮まないと。
今では田舎の方が運動不足らしいです。車ですぐ移動するから。大して都会では公共交通機関を使うので、停留所まで駅まで歩く、地下鉄乗り換えで階段を上り下りする。エスカレーターもありますけどね。結構な距離を知らず知らずのうちに歩くというのはあるでしょう。
「適当に不自由にしてるってこと」
「日本の昔の芸事の所作」
なるほど、やらなくちゃならないことや好きでやっていることに体を動かすことが自然と組み込まれている、これは重要な視点かと思いました。

私は三階に住んでいます。ゴミ出し、ポストを覗く、外出して帰ってくる。いちいち階段を上り下りする。そんなの大した回数じゃないじゃないか、と思いますが、それでもバカにはならない。普段スポーツクラブへいくとか、ジョギングをするとかしませんから。
特にゴミ出しは、一度出してから、「あ、追加でゴミが出た」でゴミ収集車が来るまで、次のゴミ捨てに回すのが嫌で最低2往復は追加のゴミを捨てに行っている。
それから自転車ですね。全部歩けばもっと良いのでしょうが、自転車を止める場所がある場合、繁華街以外の場所でちょっとだけ遠くにいく場合は時間がもったいないので自転車を使います。
合唱団の練習に行くと、最初に筋肉をほぐします。その中で背中をまっすぐにして膝を曲げてしゃがむスクワットをやるのですが、自転車に乗っていると股関節が鍛えられるそうで、開脚のスクワットは全く息が上がりません。膝を閉じてやる閉脚のスクワットは残念ながら息が上がってしまいますが。
歌う時は、良い姿勢を保って腹筋背筋大殿筋などをよく使います。だから練習が終わるとへっとへと。合唱部が体育会系文化部と呼ばれるのもむべなるかな。
夕方夕食の準備を始めると、手際が悪いせいもありますが、2時間立ちっぱなしであれこれ作っている。これも体や指先を使っているのですね。

じゃあ特別運動することをやらなくて済むかも、というなにやら言い訳めいた話ではありますが、こうして日常やらなければならない動作に運動を組み込んでいくというのは大変巧妙な運動不足対策なのだとわかったことは収穫です。
絶対量は足りないような気もしますけれどね。無理しても長続きしないし。いいわけ。