かけこみリタイヤ―のダイヤリー

陰キャで隠居!58歳10か月でアーリー?リタイヤしました。

ヴィンテージ食品 胡麻油をどう使うか

親の遺産(=残置物)のうち、食用油があと2本残っています。
1本はグレープシードオイル。こちらはオリーブオイルと同じように使えばよいでしょう。
先日オリーブオイル100%で天ぷらとフライをやってみたんですよ。オリーブオイルは酸化に強いし、揚げ物に仄かなオリーブのかほり。って天ぷらもフライもイタリアンじゃん、イタリアンになってしまった感ありました。
やっぱり天ぷらやフライは菜種油に戻そう。
むかーし綿実油で揚げたこともあるのですが、綿セーターや肌着を食べているような気がした。私の勝手な主観ですが綿の匂いが連想させる。好きじゃない。
脱線からさらに脱線しまくりましたが、グレープシードオイルは、その名の通り葡萄の種を絞ってとった油です。これはまあ、炒め物に使えばいいかな。
で残ったもう1本が太白胡麻油。
先日K社のごま油未開封品を一気に消費しようとして、天ぷら鍋に1本全部空けて揚げ物をしたのですが、焦げ臭くて油臭くて食べられたもんじゃなかったです、鍋の油もすべて廃棄しました、というお話をしましたが、太白胡麻油も一気に使うというわけにはいかない。K社のほど焦げ臭くないだろうと予想はしますが、胡麻油は胡麻油。地道にチビチビ消費していこう。
とはいえ未開封品なので、まずは既に開封している生協のごま油から。賞味期限はこちらの方が後なのですが、油は開封しちゃうと酸化が進みますからね。
用途としては、現在卵焼きに使っています。子供は「おいしい」と喜んでいます。
ごま油は香り付け程度に使うしかないわね。
他には干焼蝦仁、海老のチリソースやきくらげ卵炒め。

ごま油で炒めるとなんでも中華料理に変身する気がする。
オリーブオイルだとなんでもイタリアンになるように。
ニンニク生姜と、ごま油でなんでも中華料理。暴論ですが事実です。

干焼蝦仁では紹興酒も使えます。紹興酒も親の遺産があと3本あるのだけど、これも一回焼酎代わりに100%紹興酒で煮豚を作って、家族全員から「まずいー」と総スカンを食った苦い思い出があります。こちらも香り付けで少しずつ消費していくしかないかな。
長い道のりになります。

ぶどう品種 黄華(おうか)に注目


写真を見ると、「今日の割引品」シリーズ始められそうです。
じゃなくて、右下のぶどうにご注目ください。
黄華ぶどう。長野産。
スーパーに表示してあった糖度は16.4ですが、食べてみると、なんと、糖度17.9のシャインマスカットよりしっかりした甘味でおいしい。
9月22日に半額で買って感激、そうしたら昨日また見切ワゴンに半額で出ていたからすかさず買いました。
もちろん皮ごと食べるタイプ。半額で377円(税込)ですから、正規価格でも754円(税込。)あきらかにシャインマスカットより安くないですか。
30年前から量産の試行錯誤を経て2004年頃から大々的に市場展開しているらしいです。
もちろん全然知りませんでした。
いつもいくスーパーをもう一軒増やしたのですが、こんな出会いがあるとは。
チープな出会いですが、出会えてうれしい商品です。