かけこみリタイヤ―のダイヤリー

陰キャで隠居!58歳10か月でアーリー?リタイヤしました。

これからの終活―ネット登録をどうするか

キャッシュカードすら嫌っていた私の親

私の亡くなった両親の世代ですと、銀行のキャッシュカードでも持つのは嫌だ、みたいなことを言っていて、それはそれで困ったこともあったのですが、通帳や印鑑の場所を終活の一環としてまとめておいてくれて、その場所も教えて貰っていましたから、「親の銀行預金口座がどこに作ってあるのかわからない」という問題は起こりませんでした。
預金通帳現物を確認して遺産分割協議書や戸籍謄本などを揃えて解約をしていけばよかった。

キャッシュカードどころか無通帳口座も普通な今

私の世代になりますと、そもそも無通帳式の口座、ネット銀行の口座というのがありますので、開設時に本人宛郵便で来た銀行名やログインIDを書いた紙をまとめておいて、パスワードを書き換えたのであれば、ログイン初期パスワードを二重線で消して上に書いておけばよい、わけでもないです。
なぜかというと、ログイン後に第二パスワードやら取引パスワード、登録メールアドレスなど付加的な情報を入力していることもあり、登録情報のページでも*(=アスタリスク)表示で見えない、登録メアドに確認コードを飛ばして追加入力するものもありますから、登録メアドがわからないとかもう解約しちゃった、なんてこともありますから、物理的視覚的に別途保管しておく必要があります。

ログイン登録情報

私もそうですが、皆さんも、銀行口座や証券口座といった金融機関の把握とは別に、更にあちこちのホームページにマイアカウントを開設して個人的な情報を登録していることと思います。中にはクレジットカード情報も保存しているものがあるかもしれません。

サブスクリプションの恐怖

そのうち、定期的に課金が発生するサブスクリプションは残された家族に迷惑がかからないよう、真っ先に物理的視覚的に明らかにしておくべき事柄です。

先日SNSのタイムラインで見た怖い記事。
亡くなったお父さんはサブスクをクレジットカード引落にしていた。
遺族はそのサブスク契約の存在すら知らずにいたところ、いきなり弁護士事務所名で未納のお金を払えと文書を郵送して来た。
銀行口座が死亡で凍結されたのでクレジットカード引落が不能、クレジットカード会社はカードを無効処理。
ところがサブスク会社は時間の経過毎に支払われないで積み上がったサブスク料金を弁護士事務所を使っていきなり請求。
サブスクのログインIDやPWが分からないので、停止ができない。

怖いですね。

料金が発生しない登録情報だって安全とはいいきれない

アマゾンや楽天、googleplayやAPPstoreみたいに、実際にアクションしたときだけ課金が発生するものはほっておいて大丈夫かといえばさにあらず。
先日は使わなくなっていたappleIDに登録したクレジットカード情報が流出して勝手に使われた、なんてこれまたおっかない話がタイムラインから流れて来ました。
これら決済手段の登録や二段階認証の携帯番号の登録についてもリスト化して紙に印刷しておくのが正しい終活でしょう。

使わなくなった登録情報の整理

使わなくなったサブスクやマイページのログイン情報は随時退会、消し去るべきと思いますが、これがなかなか手ごわいです。今回終活の一環としてやり始めましたが途中でちょっと疲れて中断しております。
一つには、登録ページを削除できないものがあること。どこを探しても削除ボタンがない。または削除したければサポートセンターに電話して、なんて書いてある。
クレジットカード情報の登録項目がないやつは、必須項目を意味のないアルファベット一文字に更新して、紙のリストにはその旨ログインIDとPWと共に事情を書いておく。
といっても遺族に迷惑であることは変わりないけど。
退会できて情報を消去します、と謳っているものも信用できない気がするので、先にクレジットカード情報は空白にして、登録情報も消せるものは消したいところ。

ネット断捨離の道は険しい

Googleに管理をお任せしている自動作成PW含めて、登録年月日とID、PWの一覧をwordに打ち込んであるのですが、URLを書いておかなかったため、ログインページがなくなったもの、統合されて消えたものについては捜索を掛ける羽目になった。
今使っているものも依然として多数あります。
そんなわけでネット上の断捨離も容易ではありませんね。消したものを除いても、今数えたら109個もあった。
無料BBSなんか、パスワードを何べん入れても無効ですと跳ね返されるので、”パスワードを忘れた時は”ボタンを押したら、かなり前に解約したプロバイダのメアドに飛んだらしく、どうしようもない。無料でたいした書き込みはないから、サービス自体が閉鎖されるのを待とう。

なんて失敗もしちゃいました。
皆様も整理頑張ってくださいね。立つ鳥跡を濁さず、できるだけ、でいきたいです。

余った煮卵つけ汁に茹で卵ー使いつくしたい節約術

半熟旨煮たまごを半額で買って食べ終わった後、茹で卵を4つ作って漬けました。塩が薄くなっていることを予想して、殻をむき終わった後少し塩してから漬けました。これは3個食べ終わって、残り1個を半割にして更に汁を染みさせている所。

あんまり何回もやると漬け汁のだしが効かなくなるし、茹で卵を漬けすぎると汁に粘り気が移ってくるので一回で捨てましたが、二回位は試してみてもいいかな。

他にも私の実践している節約術をご紹介しておきます。

・納豆についているタレは全部入れると濃すぎるので、半分使って台所の調味入れの皿に立てかけておき、次の納豆パックに残り半分を入れる。そうすると開けていないタレのパックが一つできるので冷蔵庫へ保管して置き、炒め物や煮物の出しに加える。

・納豆についている辛子は使わないので、そのまま冷蔵庫に入れ、おでんやソーセージを食べる時に使う。

・袋の生ラーメンを作ると、粉末スープ全部入れると味が濃すぎるので、二人前作る時はスープ一袋を薄めて使う。未開封のスープが一袋余るので、中華生麺だけ買って来てそれに充てる。

・見切品棚にあって使いそうな野菜はまず籠に入れる。レジには直行しない。同じ種類の正規品を見て、半額程度になっているかどうかを確認する。例えばバナナ1本が見切品に40円ででていたとして、正規品が5本の房で200円だったとすると1本40円だからこれは安くない。量と質を加減して計算し、半額程度と思える場合以外は、躊躇せず棚に戻す。コツは他の人がとる前に躊躇せず籠にほおり込むけれども、値段を勘案してためらわずに棚に戻すことまでセットで行動すること。スーパーは一度籠に入れたものを戻すのは抵抗があることを良く知っている。

・風呂の残り湯は洗濯用の水にする。

・使ったチリ紙の内広げて再利用できそうなものは、包まれていた乾いたゴミだけ捨ててとっておき、油汚れのひどいフライパンや天ぷら鍋を拭き取るのに使う。

・お米の丈夫や食パンのP袋はプラスチックごみを捨てる時のまとめに使う。

・下着は、生地が擦り切れて穴が開いたら捨てるが、綿製品とストッキングは、10cm四方に切り取ってウエスにして、重曹掃除用に。

・丈夫な段ボール箱、包装に入っていた板紙で使えそうなものは残しておき、メルカリ用に活用する。もちろんプチプチやP袋、果物用の発泡スチロールのネットできれいなものもとっておく。

・学校やPTAのお知らせ、入っていたちらしのうち、A4で鉛筆書きできるタイプで裏面が白紙の物はとっておき、子供の計算用紙や楽譜の印刷用に使う。

・値引品はラップの上に更にラップをかけて値引きシールを貼っていることがある。食品に触れていない外側ラップをきれいに剥がして再利用する。

・緑茶と紅茶の茶葉は急須から生ごみ入れに入れず、玄関横の植え込みへ埋める。

・粗大ごみのうち、使えるもの、正常に動作する電気製品は、きれいにして「ご自由におもちください」と紙を貼って玄関先に出す。

・宅配や買い物で付いてくる輪ゴムは、汚くなってなければ、冷蔵庫にマグネットでくっつけた輪ゴム入れに回収。

人によっては「何もそこまで」というものもあると思います。
でもね、まだ使えるのにもったいない、代用品として使ったら新しいのを買わなくてすむ、粗大ごみの料金だけ儲かった、なんてお得感が私を駆り立てる。

楽しんでやっていきましょう。